PMS改善にヨガがおすすめな理由

ヨガ

PMSの症状を穏やかにするために運動をしたいけれど、実際になにをやったらいいか、迷っている人はいませんか。忙しい女性のために、空いた時間に無理なく続ける為に、ここではヨガをピックアップして書いていきたいと思います。どうしてヨガがいいのか?簡単なポーズだけれど、PMSの症状に効くものも紹介します。是非、参考にしてみてくださいね(*´∇`*)

 

 

体温を上げるヨガはPMS改善に最適

蓮の花

PMSの症状を和らげるためには、適度な運動は効果的と言われています。運動を取り入れることで血行が良くなり、基礎体温も上がりやすくなるので冷え解消になります。しかし元々運動が苦手な人や激しい運動をしようとすると、逆にストレスになったり、頑張りすぎてしまう人もいるでしょう。

 

ストレスや無理な疲労はPMSの症状を悪化させる可能性大です。そこでおすすめしたいのがヨガなんです。ヨガは自然と調和しながら体を動かし、呼吸法を行いながら心身の健康を保っていく古代インド発祥の修行法です。

 

空いた時間に誰でも出来る上に簡単なポーズなら難しくありません。ヨガの基本は「無理なく出来る範囲で」なので、負担になることは少ないです。1日に1ポーズでも効果は出るので、自分のペースで進めることができます。普段使わない筋肉を使うことで筋力アップや腰痛や肩こりを緩和します。

 

また、骨盤を矯正して正しい姿勢を保つことで生理痛や生理不順にも効果ありです。更に呼吸法や瞑想を行うことで精神的症状の緩和にも向いています。ゆっくりした動きと簡単なポーズでも充分に効果があるのがヨガなのです。

 

 

PMSを改善するヨガのポーズとは?

ヨガ

ヨガのポーズは簡単なものから難しものまで様々ですが、中でもPMSの症状に向いているヨガポーズも存在します。誰にでもできて無理のないおすすめヨガポーズをいくつか紹介していきますね。

 

鳩のポーズ

四つん這いの姿勢になって両手の間に左ひざを出します。右足は後ろに伸ばし、つま先まで真っ直ぐになるように整えます。両手で床を押しながら頭頂を天井の方向に引き上げて背筋を伸ばします。3回ほど呼吸を繰り返したら、反対側も行います。背骨や骨盤を整えて冷えやむくみの改善に効果があります。また生理不順や生理痛も緩和されますよ。

 

太鼓橋のポーズ

仰向けに横になり足を肩幅に開いたまま、両足を立膝にします。腕は手のひらを床に向けて、両脇に伸ばしておきます。息を吸いながら足の裏を床に押し付けて腰を持ち上げます。お腹と胸をあごへと近づけるように持ち上げます。苦しいようであれば出来る所まででOKです。骨盤調整の効果があるので、姿勢が整います。子宮が柔らかく良い状態になるので、同様にPMSの症状も穏やかになります。

 

子どものポーズ

正座の姿勢で座り、両手の平を前側の床に起きます。息を吐きながら両腕を前に伸ばし、お腹を太ももにくっつけていきます。肘を曲げ方の力を抜いてリラックスしましょう。このポーズはヨガのレッスンでも休憩のポーズとして使われています。ストレスと疲労を軽減させるので、イライラも緩和されます。首コリ、肩コリ、便秘にも効果があります。

 

 

ヨガはいつやるのが効果的なの?

ヨガ

PMSの症状に効果があるヨガのお話をしてきましたが、実際にヨガをするのはどの時間が良いのでしょう。基本的にヨガを行う時間はこだわる必要はありません。しかし日中は仕事で忙しいでしょうから、朝か夜のどちらかになると思います。

 

朝のヨガは太陽の光を浴びることで体内時計が調整され、自律神経を整えてくれるので、PMSの症状が出にくくなります。寝起きの身体を緩やかに動かすことで血行が良くなり、顔色も明るくなるので、化粧のりも全然違うんですよ!

 

大きく呼吸をすることで酸素が身体中に行きわたりますので、憂うつな気持ちを吹き飛ばして前向きに活動的に動くことができるんです。反対に夜のヨガは、1日の疲れを労ってあげることができます。ゆっくりとしたヨガの動きで就寝前の軽い運動をすると、やはり血行が良くなります。

 

リンパの流れもスムーズになるので、気分もスッキリしてきますよ。ゆったりと呼吸することでリラックス効果を味わうことが出来るので、そのまま深い眠りが出来るでしょう。イライラした気持ちから心が落ち着いてくるのが分かると思います。このように朝のヨガも夜のヨガも、PMSに悩んでいる人にとってはとても良い効果をもたらしてくれるんですよ。

 

 

PMS改善にヨガな理由まとめ

女性

運動があまり得意でない人でも、手軽にできるのがヨガです。家の中で出来るので、場所も時間もいらないのが嬉しいですね。簡単なポーズでも続けるだけで驚くほど効果がでますよ。出来そうなものからで良いので、寝る前に1ポーズから始めてみませんか(*´∇`*)

ボタン