PMSの辛い症状を和らげる食事法

食べ物

PMSに悩んでいる人も食生活を見直すことで、薬や病院に頼らなくても症状の緩和が可能なんですよ。PMSを和らげる食事や食べ物をご紹介していきます(*´∇`*)

 

 

PMSは症状が様々なので、対策もさまざま。

食べ物

PMSにはこんな食べ物がいいですよ、と紹介した所でそれが実際に症状となって出ているものに効果がなかったら意味がありませんよね。大袈裟にいうと咳が出て苦しいのに、お腹の調子を整える食事をしても、全く効果はありません。

 

PMSは人によって症状が違うので、それに対応する食べ物や食べ方は異なります。まずは、どんな症状が出るのか、どんな風に辛いのか…など、自分の症状の出方について把握することが大切です。自分の症状を把握することがPMS緩和への近道!では症状別に見ていきましょう。

 

 

イライラの食欲増進を抑える方法

食べ物

PMSの症状としてイライラして周りの人に当たってしまう人は多いです。私も理由もないのにイライラする症状が続きます。そんな時はそのイライラを発散するかのように、食べることで解消しようとしていました。でもイライラしながらの食事って、絶対に身体によくないですよね。

 

そんな人におすすめなのは血糖値をゆっくり上げていく食事方法です。血糖値が下がることで極度に食欲が増したり、イライラが悪化する原因になります。大切なのはゆっくりと血糖値をあげて安定させることです。そのためには、以下の対策が効果的です。

 

食事はGI値の低い食品を選ぶこと

GI値とは血糖値の上昇スピードをいいます。人間の身体は食事を摂ると血糖値が上昇するようにできています。この血糖値が急激に変化することはPMSを悪化させる原因のひとつとされています。何かを食べれば毎回、急激に血糖値が上昇するのではなく、食べるものによって違うんですよ。

 

ファーストフードやインスタントフード、糖分の多い甘いものは血糖値が急上昇します。すると身体は血糖値を下げようとホルモンを分泌します。結果、血糖値の上下動が激しくなり、情緒不安定、イライラ、むくみや頭痛をもたらすのです。そこで、普段からできる対応策として、血糖値の上昇スピードが緩やかな食べ物を摂取することが鍵となります。

 

豆類(大豆)、玄米やそばなどの精製されていない穀類、海藻類、緑黄色野菜などは代表的です。血糖値の上昇を抑える食物繊維が多い食品もおすすめですよ!

 

血糖値が急激に上がる食べ物は避けましょう

果物やチョコレート、ケーキなど単一炭水化物が含まれるものは急激に血糖値をあげます。急に上がったものは、また急激に下がる可能性があり、安定は見込めないのです。

 

ゆっくり血糖値を上げる食べ物を摂ること

ゆっくり血糖値を上げるには消化がゆっくりな食べ物がおすすめです。でんぷんを含む穀物類や豆類、さつまいも、じゃがいもなどのイモ類も良いです。良く噛んで食べることで更に血糖値を緩やかにします。

 

食事は少量を数回に分けて食べること

どうしてもお腹が空いていてしまう場合は、一度の食事を少なめにして1日4回〜6回くらいに分けて食べるようにしましょう。お腹が空いているというより、イライラからくるストレスなので、少量でも食べることで解消します。これで太るという心配も軽減されますね。

 

 

頭痛・肩こり・腰痛・むくみがひどい場合

食べ物

身体的なPMSの症状の代表ともいえる症状ですね。不調の原因となるものをできるだけ生活から取り除くことで改善できます。また必要な物を摂取することで、代謝を促すことが可能です。塩分やアルコールに注意した食生活を心がけましょう。

 

利尿作用のある食べ物を摂取しましょう

摂り過ぎてしまった塩分はむくみの大きな原因です。塩分を排出するためにも利尿作用の高い食事をとるようにすると良いです。ビタミンEは利尿作用に効果ありです。きゅうり、ブロッコリー、海藻類などは、その代表的な食べ物になりますね。

 

気持ちが過敏になって情緒不安定になってしまう

周りの人が自分の悪口を言っているような気がする…自分という存在が意味のないものに思えてきて、消えてしまいたくなるなど、PMSの症状の中には情緒不安定で気持ち沈んでしまう人もいます。逆に攻撃的になる場合も少なくありません。この場合はホルモンバランスを整える栄養素を摂取しましょう。

 

過敏になる神経を鎮めるために刺激物は避けること

神経が過敏になっている時は、いつも緊張・興奮状態です。リラックスするためにもカフェインのが言っている飲み物は避けましょう。また情緒不安定を和らげるビタミンB6やカルシウム、マグネシウムなどの摂取を心がけます。レバー、かつお、海藻類、ナッツ類などに多く含まれていますよ。

 

女性ホルモンを助ける食べ物を取り入れましょう

ホルモンバランスを整えるために、女性ホルモンを助けるイソフラボンを摂るようにしましょう。植物のエストロゲンと呼ばれるイソフラボンは女性ホルモンに似た働きをします。豆腐や豆乳などを意識して食べるだけでも違いますよ。

 

ビタミンEも強い味方

神経伝達物質の代謝に関与しているのがビタミンEです。ブロッコリーやアーモンドなどに多く含まれていますよ。特にブロッコリーはカロリーは控えめなのに栄養素は豊富でおすすめです。

 

 

PMSの時はこれ控えること

ハーブティー

塩分の多い物、アルコールの摂取は控えるのがベストです。ストレス発散にお酒を嗜む人もいるとは思いますが、PMSの時は我慢しましょう。私もひどい肩こりで生活習慣を見直そうと、きゅうりやブロッコリーばかり食べた記憶があります。そのおかげか、次のPMSの時期は以前ほど肩こりが酷くなかったんです。やはり食生活の改善は大切ですね。

 

サプリメントを上手に利用しよう

食生活を見直していくのと同時にサプリメントを上手に活用するのも手です。私もその一人なんですが、副作用がないので安心して飲むことが出来ます。忙しいとどうしても生活が不規則になったり、食事も簡単なもので済ませてしまいますよね。そんな時はサプリメントの力を借りると、体質改善できるのでとても身体が楽になりますよ^^ 管理人おすすめのサプリ>

 

 

PMSの辛い症状を和らげる食事法 まとめ

女性

PMSを和らげる食事を紹介してきましたがいかがでしたか?この食生活を見直すことは、PMS緩和だけでなく、普段から健康な身体を作ってくれます。

 

忙しい毎日の中でどうしても食事が偏りがちになりますが、ここで一度見直してみてはいかがでしょうか。PMSなんて怖くない!そんな日が来ると嬉しいですね(*´∇`*)

ボタン