PMSの症状を和らげる効果的な飲み物

飲み物

PMSはツライけれど、薬には頼りたくない!そんな人も多いと思います。そんな時は食事療法がいいというのは良く言われていることですね。
食べる物でPMSの症状を緩和するのは、何よりも身体に優しい方法です。

 

同じように飲み物にもその効果があるのでしょうか。ここではPMSを和らげる飲み物についてみていきましょう(*´∇`*)

 

 

血糖値を下げるのは致命的

飲み物

生理前は糖質の低下が通常より過剰に起きます。生理前に甘いものが食べたくなるのも、そのせいなんですね。しかしPMSの症状が出る人に限ってはこの血糖値の低下が、より症状を悪化させているんです。

 

血糖値が下がるとイライラしたり、過食になったり時には気持ち悪くなってしまうこともあります。PMSの症状が強い人は、この血糖値を下げないように気を付けましょう。どうやって補っていくかというと…

 

身体の中を常に糖が巡回している状態にするのが理想的です。その為には食事と食事の間を空け過ぎないことが大切です。

 

3食はしっかりと食べますが、合間に軽食を取るなどして1日に5回〜6回に分けて食事をするようにしましょう。カロリーが気になる場合は1回の食事量を減らしてもOKです。また軽食の代わりに飲み物でも血糖値の低下は防ぐことができます。その場合は、飲むものを選ぶ必要がありますよ。

 

 

PMSを和らげる飲み物とは?

飲み物

PMSの症状の時に摂取しておきたい3大要素を知っていますか。それは「ビタミンB6」「カルシウム」「マグネシウム」です。PMSの症状を和らげる為に飲み物を摂るのであれば、これらの要素が入っているかが重要になってきます。成分別におすすめの飲み物を紹介します。

 

ビタミンB6

神経伝達物質の合成には欠かせない成分です。これが不足するとイライラが増えたり、逆に落ち込んでしまったりとツライ症状になります。このビタミンB6が含まれているのが、牛乳やバナナジュースです。牛乳は冷たいとお腹を冷やして腹痛の原因になりますので、温めて飲むのがおすすめです。生のバナナと牛乳でバナナミルクを作って飲めば、効果的です。ゆっくりと飲むことでじんわりと効果がでてくるでしょう。

 

カルシウム

神経過敏を抑えるのがカルシウムの働きです。カルシウムが不足していると怒りっぽいなど、よく言いますよね。気分の浮き沈みを抑え、精神的に落ち着かせる効果があります。このカルシウムが含まれているのが、牛乳やチーズやヨーグルトです。ヨーグルトドリンクなどもPMSの症状を緩和してくれますよ。まったりしているので、満足感も与えてくれます。

 

マグネシウム

興奮を抑えて血圧を下げてくれる効果があります。怒りっぽかったり、急に悲しくなったりという症状を穏やかにしていきます。マグネシウムが含まれる飲み物は豆乳やアーモンド、バナナを使った飲み物です。バナナ豆乳は美味しく飲めますし、アーモンドミルクもおすすめです。

 

ハーブティー

心を落ち着かせるので、PMSの時にはリラックスできるので効果大です。

 

 

PMSの時には避けたい飲み物とは

飲み物

PMSを和らげる飲み物を紹介しましたが、反対にPMSの時には避けたい飲み物もあります。むしろ、こちらの方が日常的に飲むことが多いので特に注意が必要です。それはズバリ、カフェインの含まれている飲み物です。

 

仕事をする人にとってカフェインは心強い助っ人です。眠気さまし、消化を助ける、集中力をアップさせる…だからつい飲んでしまいます。しかしPMSの症状が出る人にとっては逆効果。

 

カフェインのマイナスな効果としてあげられるのは、
・ホルモンに影響を与える
・自律神経を乱す
・ビタミンやミネラルの吸収を妨げる

 

これではいくら食べ物やサプリから必要な成分を摂取したとしても、妨げになって吸収されにくい身体になってしまうのです。カフェインの代表であるコーヒーは、仕事の合間につい手が伸びてしまいますよね。PMSの症状を和らげたいのであれば、コーヒーの量を減らしてみましょう。

 

他にもカフェインを含む飲み物は多数存在します。紅茶や緑茶、コーラなどもコーヒーほどではないですがカフェインを摂取することになります。

 

栄養ドリンクも避けた方が良いでしょう。また、アルコールも必要な成分を尿と一緒に流してしまう可能性があります。お酒が好きでも、PMSの症状を和らげたいなら、我慢が必要です。

 

 

PMSの症状を和らげる飲み物まとめ

女性

 

いかがでしたか?
カフェインの意外な落とし穴にはビックリしましたね。PMSを和らげる飲み物を上手に取り入れて、ツライ時期を少しでも快適に過ごせたら嬉しいです(*´∇`*)

ボタン