ロキソニンはPMSの頭痛・腹痛に本当に効く?

胃痛の女性

痛みを我慢するのは結構な体力・忍耐力・我慢強さが必要になります。「病は気から」などとは言いますが、陣痛や生理痛など女性には「病でもない」「気休めでない」痛みがいくつもあります。

 

PMSの症状から発生する頭痛や腹痛もその一つですね。どうしても我慢できない痛みが発生した場合、痛み止めなどの薬は服用してもいいのかな。

 

そもそも、病気からくる痛みではないのに効き目はあるのかしら?そんな風に考えて結局、どうにもできずに我慢している人もいるでしょう。ここではPMSと痛み止めの代表であるロキソニンについて書いていきます(*´∇`*)

 

 

ロキソニンや薬は飲んでもいいの?

寝てる女性

生理前になるとズキズキと痛みにさいなまれるのはツライですね。日本人は我慢強い種族と言われているように、多少の痛みは我慢ができると思います。特に女性は一生のうちに出産という死ぬほど痛い思いをするので、男性よりも痛みに強い構造になっています。

 

ハンマーで叩かれたような頭痛、同じ波でズキズキと根付くように痛む頭痛や、お腹を抱えて座り込んでしまうほどの腹痛など、耐え難い痛みなのにそれでも我慢してしまう人もいます。

 

まだまだ、PMSは病気ではないと言う人が世間一般には多いです。特にPMSの症状が出ない人には同性でも気持ちの分からない人もいます。日常生活や仕事に支障が出るような痛みなら我慢せずに薬を飲みましょう。痛みに耐える行為というのは脳や神経にも少なからず影響を与えています。

 

病気ではないとしても「痛み」には変わりないので、薬を飲めば効いてくるでしょう。それだけで、とても楽になる場合もありますので、市販薬から試してみると良いです。もし、市販薬で痛みが治まらない場合は、お医者さんに相談すると良く効く薬を処方してもらえますよ。

 

 

こういう時は気を付けて!

もし妊娠の可能性がある場合は薬の服用は避けたいところです。もし妊娠していた場合、特に痛み止めは赤ちゃんに悪い影響を与える可能性があります。身に覚えがある場合は薬を飲む前に以下のことを確認しましょう。

・妊娠検査薬を試してみる
・医師に相談する

生理予定日を過ぎても症状が治まらない、生理が来ない場合は特に注意が必要です。

 

 

ロキソニンの作用とは?

PMSで頭痛や腹痛が我慢できない!ロキソニンなどの痛み止めは飲んでいいの?ロキソニンはお医者さんの処方箋がないと入手できない薬でしたが、今ではドラックストアで入手できるようになり便利になりました。

 

ロキソニンの主な効果は解熱や消炎ですが、もっとも有名なのは鎮静作用が高いことです。あらゆる痛みに有効と言われている痛み止めですね。痛み止めは通常胃を荒らすと言われているので、胃腸の弱い人に向かなかったり胃腸薬と一緒に処方されます。しかし、ロキソニンは痛み止めの中でも胃に優しく、よく効くと言われています。

 

 

ロキソニンを飲むタイミング

PMSは病気じゃないから薬はなるべく避けたいと思っている人が多いのか、痛みを我慢して、我慢して、耐え切れなくて飲む、というパターンを良く見受けます。これでは効いて欲しい時に薬の効果を実感することができません。結果、効果のないタイミングで飲んでしまっている場合が多いのです。

 

生理前や生理中に薬を飲んではいけないわけではありません。痛み止めは強い薬というイメージが強いので、避けたいと思う人が多いんですね。有効にロキソニンの効果を発揮させるには、痛みが出始めた頃に服用することが大切です。仕事や睡眠に支障があるくらいの痛みなら、ロキソニンの作用に助けてもらいましょう。

 

 

ロキソニンが効かない痛みもある!

PMSで訪れるべき病院と治療薬の種類

実はロキソニンを初めとする痛み止めが効かない痛み、というものが存在します。痛み止めは痛みの伝達物質を抑える働きがありますが、それでは対応できない痛みがあるのです。

 

代表的なのが「片頭痛」です。軽い片頭痛であれば痛み止めでもOKですが、重い症状の場合は痛み止めが効きません。

 

片頭痛から目の前がチカチカする、目が見えにくくなる場合は「片頭痛」としての治療が別途必要です。この場合は自己判断で薬を飲むのではなく、「頭痛専門外来」を受診しましょう。

 

また、子宮がギュッと収縮して起こる痛みや、腸や胃が刺激されてグルグル動いたりキリキリ痛む場合は、痛み止めよりも子宮や腸の壁の筋肉の動きを和らげる薬の方が良いです。

 

さすがに市販薬としては売っていないので、病院で処方してもらいましょう。痛みの中にも様々な種類がありますね。薬が効かない痛みが存在することも知識として頭に入れておくと良いですね^^

 

 

PMSで頭痛や腹痛!薬のまとめ

女性

どうしても我慢してしまいがちな痛みの症状ですが、自分ではどうにもできない事もあると思います。早めに痛み止めを飲んで安静にしている方が、早期改善の近道かもしれませんね。

 

痛み止めやロキソニンについてよく分からない場合は、薬局にいる薬剤師さんに相談してみましょう。痛みの症状に負けないように自分で管理していきましょうね(*´∇`*)

ボタン