PMSで微熱や寒気の原因とは?

薬

なんだか生理前になると熱っぽいなぁ…。寒気を感じるけれど、風邪かしら?生理前に微熱や寒気といった症状を感じたことはありませんか。

 

これは本格的に風邪をひいたかもしれないなんて思っていたら、生理が来て症状がおさまってしまったり。この微熱・寒気もPMSの症状のひとつなんですよ。ここでは微熱や寒気の原因や他の病気との見分け方などを紹介していきます(*´∇`*)

 

 

生理前の微熱や寒気の原因は?

花

もし生理前の微熱や寒気の症状がPMS症状である場合、その原因はズバリ、黄体ホルモンの分泌が鍵となるでしょう。黄体ホルモンは排卵日から生理開始までの間に分泌される女性ホルモンのひとつです。PMSの症状を引き起こす1番の原因としても有名ですね。

 

黄体ホルモンが分泌されると身体は体温を上昇させ、高い体温を維持しようとします。体温の上がり方は個人差がありますが、高い人は37度まで上がってしまうこともあるのです。さすがにそこまで行くと微熱っぽさを感じるようになります。身体は体内に起きた熱を逃がさないようになっているので、表面の血管を収縮させます。

 

そういった一連の動きによって身体の表面の温度が下がります。そこで寒気を感じるのです。身体が熱いと感じると同時に寒気を感じるのは、この身体の仕組みによるものなんですね。体温が上がれば上がるほど、寒気の感じ方も強くなります。

 

 

微熱を伴うことで考えられる他の要因

だるい人

微熱があって寒気がする…こんな症状が表れたらまず疑われるのは「風邪」ですよね。特に寒気が強い場合はこれから熱が上がるのかも!風邪のひき始めだと勘違いしやすいです。中には間違って風邪薬を飲んでしまう人もいます。

 

そしてもうひとつ、微熱と寒気を引き起こす症状として「妊娠初期」症状に良く似ているのです。妊娠を望んでいる人にはこれはやっかいですね。

 

妊娠初期は基礎体温が高い状態のままキープされるので、人によっては熱っぽく感じる場合があります。他にも眠気やだるさなども感じます。ということから、生理前に微熱や寒気が発生した時、この見極めは難しいと言われるほど症状に差がありません。

 

例えば仕事やプライベートで大きなイベントを抱えている時に、風邪なのか、PMS症状なのか分からないとどうしたらいいか困ってしまいますよね。ましてや、妊娠などになった場合は大幅な予定の軌道修正が必要になります。風邪ならば薬を飲みたいけれど、妊娠ならなるべく薬は飲みたくないもの。

 

結局、どうにもならずにツライ症状をやり過ごすしかない女性がたくさんいるのです。

 

 

PMSと違う場合の微熱を見分けるには?

女の子

女性ホルモンに影響されて起こる体温の変化や不調に身体が反応することで、生理前に微熱や悪寒を感じやすくなります。しかしこれらは、風邪の症状や妊娠初期の症状と、とても良く似ているんです。症状の微妙な変化を感じ取って違いに気づくなど難しい話なのです。ではどうしたら良いのでしょうか。

 

基礎体温を計測しよう

基礎体温を毎日計測することで、自分の生理周期が見えてきます。その生理周期と自分に起こる体調の変化、体温の変化を把握することが重要です。PMSの症状であれば、毎回決まった周期に同じ症状が起こるはずです。同じ周期とは黄体ホルモンが活発になる、排卵日から生理開始日にかけてです。

 

生理が始まった頃に症状がなくなるのであれば、微熱や寒気はPMSの症状だと言えますね。妊娠初期の場合は生理開始予定日を過ぎても、体温が高い状態をキープします。生理周期が分かっていれば、本来ならこの辺りに生理が来ると分かると思います。

 

予定日を過ぎても生理が来ないまま、体温の高い状態が続いて微熱っぽい場合は、妊娠した可能性があるので妊娠検査薬でチェックしてみましょう。それ以外の周期に微熱や寒気が発生した場合は風邪だと考えられます。例えば生理が終わったばかりとか、排卵日前などが当てはまりますね。

 

このように基礎体温から分かることというのは、自分の身体を知るための大きなヒントになるのです。

 

 

微熱や寒気の原因と見分け方のヒントまとめ

ひらめく女の子

微熱や寒気はPMS以外の初期症状にとてもよく似ています。風邪なのか、妊娠なのか、PMSなのか…答えが分からないままにしておくよりも、毎日の小さな習慣で分かるのであれば、基礎体温を測ることをおすすめします。

 

自分の身体を守れるのはあなただけです。最良の方法を見つけて、少しでも不快な症状を緩めていきましょうね(*´∇`*)

ボタン